『糖質制限ダイエット』と『カロリー制限ダイエット』の違い

糖質制限ダイエットが一般的になる前までは当たり前の事として、あるいは今現在でも多くの人にとってのダイエット法と言えばカロリー制限ダイエットを指すのかも知れません。

そこで今回は代表的なダイエット法である両者の違いと、どちらの方法がより有効であるかについて説明して行きます。

カロリー制限ダイエットとは?

カロリー

カロリー制限ダイエットに関してはわざわざ説明するまでもなく、多くの方がご存知でしょう。

カロリー制限ダイエットの基本的な考え方は、「摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やせば、その差分だけ痩せて行く」というものです。

非常にシンプルで分かりやすいですよね。

ゆえに長年当たり前の理論として認知されて来たのでしょう。

カロリー制限ダイエットはその名の通り摂取カロリーを制限するものですから、糖質制限ダイエットのような「糖質は制限しつつタンパク質や脂質、食物繊維はたくさん摂取しましょう」というものではなく、「タンパク質や脂質、炭水化物(糖質+食物繊維)をバランス良く制限しましょう」というものです。

カロリー制限ダイエットでは人が太る仕組み、痩せる仕組みを「カロリー」という単位に求めているので、そのカロリーをPFC(タンパク質、脂質、炭水化物)バランス良く摂取しつつ全体の摂取量を減らし、その上で運動などによって消費カロリーを増やす事で痩せようといった試みとなっています。

糖質制限ダイエットとは?

糖質

糖質制限ダイエットについて詳しくは以下の記事をご覧ください。

関連記事

糖質を制限する事には様々なメリットがある事は下記の記事でも説明しました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://pfc-m.net/tosituseigen-needs target=] そんな[…]

糖質制限ダイエット
関連記事

糖質制限ダイエットについては過去に別の記事で説明しました。 その記事でも軽く触れましたが、今回は糖質制限ダイエットでなぜ痩せる事が出来るのかについて、もう少し深く掘り下げて説明したいと思います。 糖質制限ダイエットとは 糖質制限ダ[…]

体重計

糖質制限ダイエットとは、一言で言えば「太る原因である糖質の摂取を抑え、体の脂肪を効率良くエネルギーとして消費するダイエット法」です。

人間が太る原因は主に糖質の過剰摂取によるもので、タンパク質や脂質を多少取り過ぎたぐらいではそう簡単に太りません。

糖質制限ダイエットとは、人体の仕組みを正しく理解すれば当たり前のように辿り着く理屈を当たり前のように実践するだけのシンプルなダイエット法です。

しかもそうやって太る原因である糖質を避けた食生活を続けることで、自然と体に蓄積された脂肪がエネルギー源として消費されていくという特徴もありますから、正に一石二鳥のダイエットだと言えます。

糖質制限とカロリー制限どちらが有効?

「糖質制限とカロリー制限、結局どっちが痩せるの?」

こういった疑問を持つ方は多いようです。

当サイトは糖質制限を推奨しているサイトですから、この問いに対する答えは既に分かり切っているのですが、やはり糖質制限ダイエットの方にあらゆる点でメリットが多いと言えます。

というよりも、どちらか選ぶのであれば絶対的に糖質制限ダイエットを選ぶべきです。

その上で、体調面のリスクを承知でそれでも一刻も早く痩せたいというスタンスであるのなら、カロリー制限的な要素を取り入れてみるのも悪くはないでしょう(とは言え当サイトとしては非推奨です)。

そういった点について、掘り下げて説明して行きたいと思います。

糖質制限ダイエットが基本

糖質制限orカロリー制限という選択が、言ってしまえばすでにナンセンスです。

あえて強く断ずるのであれば、「糖質制限は正しいダイエット法、カロリー制限は間違ったダイエット法」だと言えます。

糖質制限ダイエットが人体が太る仕組み、痩せる仕組みを正しく理解した上で推奨されているダイエット法であるのに対して、カロリー制限ダイエットは前時代的な間違った栄養学に基づいた知識で推奨されていたダイエット法です。

つまり現代の栄養学的な認識に照らし合わせれば、明らかに糖質制限ダイエットの方が正しいダイエット法なのです。

カロリー制限ダイエットは非効率かつ不健康

正確に言えば、カロリー制限ダイエットという方法論でも「痩せる」という成果を得る事は可能です。

しかしカロリー制限ダイエットは糖質制限ダイエットと比較すると「無駄につらくて健康に悪いダイエット法」だと言わざるを得ません。

重要なのは「無駄につらい」という点で、つらい分だけ成果が出やすいわけではなく、本当にただ「無駄につらい」のです。

なぜならカロリー制限ダイエットでは人間が太る一番の要因である糖質を一定量摂取する事を前提にしていますから、ダイエット中にも脂肪の蓄積が十分に起こり得ます。

そうすると、カロリー制限ダイエットの中で減らした体脂肪分を糖質の摂取によって生じる脂肪の蓄積で相殺してしまうような状況も現実的に発生する事となります。

しかもカロリー制限ダイエットには骨密度が有意に低下するなど、体の各部位に不健康な傾向が表れる危険性が高く存在しています。

カロリー制限という行動が栄養失調に繋がる事も多いというより、このダイエット法は「栄養失調によって”やつれる”事を目指すダイエット法」であるとすら言えるでしょう。

禁断のハイペース減量には糖質制限+カロリー制限?(当サイトでは完全に非推奨)

糖質制限ダイエットを基本に据えつつ、さらにタンパク質と脂質の摂取量も控えめにし、その上でしっかり運動すればあるいは最も早いペースで痩せる事はできるかも知れません。

しかしそれは言ってしまえば「痩せるスピードのために健康を犠牲にするダイエット法」であり、これこそまさに「激しくやつれた様子を痩せたと言っている」だけのものと言うべきでしょう。

当サイトとしては全く推奨できませんし、むしろこういった状態に陥らないようにする事が糖質制限ダイエットをする上で最も重要な点である事は強調させて頂きます。

カロリー制限ダイエットの終焉

ここまで説明してきたように、現状においてカロリー制限ダイエットを実行するメリットは全くないと言えって差し支えありません。

強いて言うなら、どうしても糖質の制限がつらいという方に関しては、糖質をある程度摂取した中で運動なども絡めつつのダイエットをするべきケースはあるかも知れませんが、それはもうカロリー制限ダイエットではなく、緩めの糖質制限ダイエットといった話になって来ると思われます(糖質以外はしっかりと量を食べられる点で断然楽ですし)。

当サイトでも紹介させて頂いた『ロカボ』のスタンスは正にそういったものですから、ある程度は糖質を摂取していないと耐えられないという方はロカボであったり『江部式糖質制限食』の『スタンダード糖質制限食』か『プチ糖質制限食』を試してみる事をお勧めします。

それは同時に当サイト『PFcメソッド』が定義するところの『PFc-2』か『PFc-3』に相当すると言えるでしょう。

関連記事

『糖質制限食』を実践、提唱なさっていた方々は古くから存在していましたが、今日の日本でこれだけ糖質制限というものを認知させた最大の功労者は、何と言っても高雄病院の江部康二先生でしょう。 さらにはそんな糖質制限をさらに裾野広く普及させるた[…]

牛肉生
関連記事

糖質制限を実施する上で問題となるのは、どの程度のレベルで実践するかという点です。 糖質を全くとらないのか、少しであれば許容するのか、それなりの量を許容するのか、あるいは最低限度の摂取量を規定するのか。 そういった点について、当サ[…]

階段イラスト1200

人が太る仕組みが良く分かっていなかった(広く認知されていなかった)時代においては、カロリー制限ダイエットが有効な手法として活用されて来た事も理解できますし、多くの功績を残してきた事と思います。

しかし、もうすでに健康面にも配慮した形で痩せる事が出来る糖質制限ダイエットが確立されている今、健康を犠牲としつつ実行するのがつらいカロリー制限ダイエットを選択する理由は皆無でしょう。

そろそろ良い意味で、カロリー制限ダイエットに引導を渡してあげる時期に来ているのではないでしょうか。