『インスリン』とは?肥満や糖尿病との関係性

糖質制限を実践なさっている方にとっては非常に馴染み深いインスリン、PFcメソッド内の記事でも頻繁に登場する言葉です。

今回はインスリンとは何なのかを具体的に説明して行きたいと思います。

『インスリン』とは?

インスリンとは、ペプチドホルモン(内分泌機能を持っているペプチド)の一種であり、膵臓(すいぞう)のβ細胞から分泌されるものです。

インスリンの代表的な役割と言えば血糖値を低下させる事ですが、実はそれ以外にも様々な役割を体内で担っている生命維持にとって不可欠なホルモンです(インスリンが無ければ人間は生きていられません)。

膵臓のβ細胞が完全に死滅してインスリンを分泌できなくなった状態(1型糖尿病)である場合はインスリンを注射することで体内に取り入れる事が必要となります。

血糖値の上昇に反応して多量のインスリンが血液中に分泌され、体内の各部位にブドウ糖を分配する機能を担い、余剰となったブドウ糖は脂肪細胞に取り込まれた結果として中性脂肪へ変換される形で体内で蓄積されます。

このような特徴から、インスリンは肥満ホルモンとも呼ばれています。

インスリンの主な作用には以下のようなものがあります。

  • 血糖値の抑制
  • アミノ酸・カリウム取込みの促進
  • タンパク質合成の促進
  • 糖新生の抑制
  • グリコーゲン合成の促進

インスリン本来の役割とは?

インスリンは一般的に血糖値を下げるためのホルモンであると認識されていますが、その役割はインスリン本来が主に担っていたものではない可能性があります。

  進化 の 過程 を 考える と、 そもそも 人類 は、 糖質 摂取 量 も 少なく 血糖値 の 変動 も 少なかっ た ので、 インスリン の 役割 は、 現在 の よう に 血糖値 を 下げ たり、 脂肪 を 蓄積 し たり する 作用 が メイン では なく、 その他 の 役割 の 方 が メイン だっ た と 考え られる。

清水 泰行. 「糖質過剰」症候群~あらゆる病に共通する原因~ (光文社新書)

インスリンには血糖値を下げる以外にも様々な役割を果たしているのですが、本来はむしろ「その他」の方が主な役割だったのではないかと言う事です。

インスリンは血糖値が上昇した時以外にも基礎分泌として一定量が分泌され続けており、体内のあらゆる部位に作用しています。

血糖値上昇による分泌はあくまでも「追加の分泌」にすぎないのです。

そういった特性と共に、大昔の人類が低糖質な食生活を送っていた事が推定されている事も踏まえて考えれば、インスリンは本来的に言えば血糖値を下げるためのホルモンではないと考えるのが妥当なのではないでしょうか。

肥満とインスリン

肥満ホルモンと呼ばれる事があることからも分かるように、インスリンは肥満と密接な関係にあります。

糖質制限ダイエットに関する記事でも再三触れてきたように、人間が太る最も大きな要因は糖質の過剰摂取です。

ではなぜ糖質の過剰摂取によって肥満が促進されるのかといえば、過剰に摂取した糖質から得られるブドウ糖をインスリンの作用で中性脂肪として体内に蓄積するからです。

血糖値が高い状態は人体にとって極めて負担が大きく、そのままにしておくと体内のタンパク質を糖化させる事によって様々な弊害を生じさせます。

ですからインスリンの働きによって血糖値を下げる事は非常に重要となってくるのですが、それが結果的には中性脂肪の蓄積を生じさせる事で肥満の原因となっているのです。

糖尿病とインスリン

糖尿病を具体的な病態として表現するなら、血糖値抑制機能不全症と言えます。

正常な体内では血糖値が上昇した場合には、インスリンの作用によって適切な水準まで血糖値を低下させる事ができます。

しかしこの機能が正常に働かなくなった状態、それを糖尿病と呼んでいます。

こういった状態となる原因は大きく分けて二つあります。

一つはインスリン分泌不全、つまり血糖値を適切に下げるために必要な分量のインスリンを膵臓のβ細胞が分泌できなくなる事です。

糖尿病の中でも突発的・先天的に発症する1型糖尿病はインスリンが(ほぼ)全く分泌されなくなってしまう病態であり、生活習慣病の一つである2型糖尿病の一部ではインスリンの分泌がかなり弱まってしまう病態です。

もう一つはインスリン抵抗性、つまりインスリンが血糖値を下げる効果が十分に発揮されなくなってしまう事です。

2型糖尿病の一部はインスリン抵抗性によって分泌されているインスリンが適正ラインまで血糖値を下げるだけの効果を発揮できないようになってしまっている病態です。

2型糖尿病はインスリン分泌不全とインスリン抵抗性のどちらか、あるいは両方によって発症するものとなっています。

先述の通り1型糖尿病の場合は、生命維持のためにインスリンを注射する必要があります。

インスリンとはそれほどまでに人体にとって重要なホルモンなのです。

インスリンは必要最小限が望ましい

インスリンに関する説明の中で、「インスリンが無ければ人間は生きていられません」と説明したように、インスリンは生命維持の上で欠かす事のできないホルモンです。

ですから最低限度は分泌されている事が大前提として必要なのですが、一方で多量の分泌は多くの弊害を生む事も分かっています。

たとえ基準値内でも、インスリンの血中濃度が高いほど、
アルツハイマー病、がん、肥満、高血圧、動脈硬化などのリスクとなります。
また、高インスリン血症は活性酸素を発生させ、酸化ストレスを増加させます。
酸化ストレスは、老化・癌・動脈硬化・その他多くの疾患の元凶とされています。
パーキンソン病、狭心症、心筋梗塞、アルツハイマー病なども、
酸化ストレス関与の可能性が高いです。

ドクター江部の糖尿病徒然日記:インスリンの功罪。特に「罪」について。
(http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-5104.html)

インスリンが多く分泌されているほど、様々な病気のリスクが大きく上昇するとの事です。

生命維持にとって必要なのはインスリンの基礎分泌であり、糖質を摂取した際に見られる追加分泌に関しては全くの不要であるどころか様々な病気の元凶となっているのです。

インスリンの追加分泌を極力減らすために必要な事、それは糖質を極力摂取しないように心がける事です。

糖質制限を実践することは、インスリンの過剰分泌という点から見ても体に優しい食生活であると言えます。

過剰分泌が慢性化してしまうと、膵臓のβ細胞が疲弊した結果としてインスリンの基礎分泌すらままならなくなる危険性(2型糖尿病)もあります。

是非とも糖質制限によって、膵臓のβ細胞を労わる食事を心がけて頂ければと思います。