『HbA1c』とは?その意味と信ぴょう性について

糖尿病の検査でよく使われる指標としてHbA1cというものがあります。

糖尿病の方やその検査を受けた事のある人なら馴染み深いものかもしれませんね。

しかし健康やダイエットの為に糖質制限を始めた人にとってはあまり馴染みのない用語だと思いますし、糖尿病の方であってもこの数値が意味する所に関して深くは知らないという人が大半でしょう。

今回はHbA1cが何なのか、なぜ糖尿病検査で用いられるのか、さらにはその数値の信ぴょう性などについて触れて行きます。

HbA1cとは

HbA1c(ヘモグロビンA1c)とは、ヘモグロビンにグルコースが結合する事によって生成される糖化産物であるグリコヘモグロビン(糖化ヘモグロビン)の一種です。

ヘモグロビンの役割としては結合した酸素を全身に運搬するというものが挙げられるのですが、ヘモグロビンは酸素以外にも血中の糖とも結合しやすいのです。

結合する糖の種類によって糖化ヘモグロビンの種類も異なって来る(ヘモグロビン+ブドウ糖/ヘモグロビン+果糖など)のですが、そのうちのヘモグロビンとブドウ糖が結合した糖化ヘモグロビンの事をHbA1c(ヘモグロビンA1c)と呼んでいます。

血中にブドウ糖が多い状態だとヘモグロビンと結合する事も多くなりますから、血糖値が高い状態(血中にブドウ糖が多く含まれる状態)が長く続いている場合、HbA1cの数が多くなります。

逆にブドウ糖がそれほど多く存在していない状態であればヘモグロビンと結合する事も少なくなりますので、血糖値が平常状態(血中にブドウ糖が比較的少ない状態)が長く続いている場合、HbA1cの数は少なくなります。

このように、HbA1cの数を測定することで間接的に血糖値の高低を推し量る事ができるため、糖尿病の検査で活用されているのです。

HbA1cの数値とは、総ヘモグロビン量中のHbA1c割合を%表記で表したものです。

HbA1cの数値による糖尿病診断の基準は以下のようになっています(この基準は各医療機関によって多少前後する模様ですが、6.5以上で糖尿病とする見解は概ね一致しています)。

正常 注意 糖尿病疑い 糖尿病
HbA1c(%) 5.6未満 5.6~5.9 6.0~6.4 6.5以上

糖尿病の方が血糖値をコントロールする上での目標値としては以下のように設定されています。

血糖正常化目標 合併症予防目標 治療強化が困難な際の目標
HbA1c(%) 6.0未満 7.0未満 8.0未満

HbA1cと血糖値

HbA1cは間接的に血糖値を推測できると言いましたが、普通に考えれば「そのまま血糖値を測定すれば事足りるのでは?」と思いますよね。

HbA1cがなぜ糖尿病診断の指標となっているのかと言えば、それは「血糖値の平均値を推定できるから」です。

血糖値というものは一日の中でも少なからず変動するもので、特に糖質過多な食生活を送っている方の場合ならジェットコースターのように乱高下しています。

ですからどの時間、食後どのタイミングで測定するかによって結果が大きく変わってしまいます。

糖尿病の診断をする上での血糖値測定法にはブドウ糖負荷試験75gOGTT)というものがありますが、こちらは75gのブドウ糖を摂取してから一定時間ごとに血糖値などを測定していくものです。

しかしこの方法だと検査だけでも二時間以上の時間を要してしまうため、手軽には実行しにくいという側面もあります。

そこで多くの場合で活用されているのがHbA1cの測定なんです。

HbA1cの数値というものは時間帯や食後の時間経過などでコロコロと変化するものではなく、一定の数値が保たれています。

これはブドウ糖と結合したヘモグロビンはヘモグロビン自体が寿命を迎えるまで(約120日)は元に戻る事がない点によるもので、こういった特性によってHbA1cは時間帯を問わず測定できるのが大きなメリットとなっています。

さらにこういった特性から、HbA1cは過去1~2か月間の血糖値推移の平均値を表すとも言えます(直近の血糖値をそのまま反映するものではない)。

一般的な健康診断や簡易的な糖尿病検査では、HbA1cの数値と検査時の空腹時血糖値の数値を参照して糖尿病か否かを判断しています。

HbA1cでは分からない今時点での空腹時血糖値という情報を補足する事で、より精度の高い検査としているという事でしょう。

HbA1c検査の問題点

前項で「より精度の高い検査としている」と述べましたが、それはあくまでも「HbA1c単体検査に比べれば」という意味です。

HbA1c+空腹時血糖値という検査には大きな弱点もあります。

それは、食後高血糖を見逃してしまう危険性が高いという事です。

HbA1cで分かるのは過去1~2か月間の平均血糖値(推定)であり、空腹時血糖値の測定で分かるのはあくまでも空腹時の血糖値だけです。

しかし高血糖で恐ろしいのは空腹時高血糖だけではなく、食後の高血糖状態にもある事は糖尿病に掛かっている方ならお分かりでしょう。

空腹時血糖値が正常値に収まっていたとしても、食後の血糖値が大きく上昇するような場合、病院で糖尿病と診断されていなかったとしても糖尿病合併症を発症してしまう可能性は十分にあります。

さらに言えば、HbA1cの数値には食後高血糖のような短期的な高血糖状態の影響が反映されにくいという側面もあります。

関連記事

糖尿病の診断でよく利用される指標であるHbA1cについて別の記事で説明しました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://pfc-m.net/hba1c target=] 血糖値を直接的に測定するのではな[…]

問診03

アルブミンに比べてヘモグロビンがブドウ糖と結合するスピードは遅く、そのために一時的な高血糖状態がブドウ糖による糖化を促進する度合いがアルブミン+ブドウ糖であるGAに比べてヘモグロビン+ブドウ糖であるHbA1cの方が弱い事がその要因であろうと思われます。

このように、糖尿病合併症やその他様々な疾患の原因となる食後高血糖というものが、HbA1cと空腹時血糖値の検査だけでは見逃されてしまう危険性が高いのです。

HbA1cの質

糖質制限の第一人者である江部康二先生は、HbA1cは数値だけではなく質が重要であると解説しています。

こんばんは。今日は、『上質のHbA1c』と『質の悪いHbA1c』について考えてみます。糖尿病合併症を予防するには、「平均…

例えばHbA1c6.4%で一見コントロール良好のAさんとBさんがいたとします。

HbA1c:6.4%ということは、平均血糖値は137mgです。
<HbA1c✕28.7 - 46.7 = 平均血糖値>

Aさんは、薬なしでやや緩い糖質制限食を実践中で、食前血糖値が108mgくらい、食後血糖値のピークが166mgくらいだったとしたら、アバウトには平均血糖値は137mgくらいですからHbA1cは6.4%です。

Bさんは、糖質を摂取してインスリン注射をしていて、HbA1c6.4%というコントロール良好を見かけ上は保っています。

しかしその実態は、過剰のインスリンにより空腹時血糖値が52mgくらいになり、少し糖質が多いと食後血糖値は222mgくらいに上昇しますが、それでも平均血糖値は137mgです。

AさんとBさんは、HbA1cという「平均血糖値」の指標は同じですが、「平均血糖変動幅」に関しては、AさんはBさんに比し圧倒的に良好な結果となります。

同じHbA1c6.4%の二人を比較した場合、Aさんは血糖値の上下が穏やかな推移の平均値として6.4%だったのに対して、Bさんは血糖値が乱高下した結果としての平均値が6.4%であり、両者はHbA1cの数値上では同じでも実態としては全く異なるという事を説明なさっています。

近年、平均血糖変動幅増大が、もっとも酸化ストレスと相関していて、次が食後高血糖で、それぞれ心血管疾患のリスクとなるとされています。

また、低血糖も急性冠症候群(心筋梗塞や狭心症など)の大きなリスクとなることがわかっています。

従って、同じHbA1c6.4%でも、Bさんの場合は、<平均血糖変動幅の増大・食後高血糖・空腹時低血糖>というの3つのリスクが、日常的な糖尿病治療の中に隠れ潜んでいるわけで、心筋梗塞や糖尿病合併症のリスクも、常に存在していることとなります。

このように分析してみると、糖質制限食でHbA1c:6.4%を保っているAさんは、『良質のHbA1c』であり、糖質を摂取して、インスリンでHbA1c:6.4%を見かけ上保っているBさんは、実際には『質の悪いのHbA1c』ということがよくわかると思います。

同じようにHbA1c6.4%の二人ですが、Aさんが様々な病気のリスクが低い『質の良いHbA1c』であるのに対して、Bさんは様々な病気のリスクが高い『質の悪いHbA1c』であるという事ですね。

HbA1cの数値は低いに越したことはないのですが、HbA1cの数値に現れない部分に食後高血糖という大きな問題が潜んでいるケースも多いため、HbA1cの数値を過信することなく、食後高血糖の有無をしっかりと確認する事が必要です。

糖質制限をしっかりと実践しているのであれば、HbA1cの数値に目立った変化がなかったとしても、その実態には大きな改善が見られるのは間違いありませんから、その点は安心して頂ければと思います。